小田急百貨店の求人

百貨店求人TOP >> 百貨店別の求人情報 >> 小田急百貨店の求人

小田急百貨店の求人

百貨店の転職を希望している方の中には、小田急百貨店を希望している方は多いことでしょう。小田急百貨店のホームページを見てみると、新卒者の採用情報、勤務地や担当部門などが限定されている店頭販売部門の契約社員ようの採用枠であるクルー社員採用。他にもキャリア採用情報、長期や短期のパート・アルバイト、インフォメーションスタッフ、エレベータースタッフなど向けの店舗スタッフ採用情報が掲載されています。

小田急百貨店の職種としては、各部門に分けられ、それぞれのプロフェッショナルを育成するシステムが構築されています。営業部門、外商部門、営業支援部門として監査部門、業務統括部、企画部、営業制作部、商品政策部、商品政策部、店舗運営部、お客様サービス、安全管理部、販売促進部に分けられ、適材適所の部門に配置されることになります。またセールスリーダー、アシスタントバイヤー、バイヤー、マネージャー、統括マネージャーなどのランク分けもされています。

小田急百貨店の営業部門といっても、様々な分野に分けられています。婦人服や服飾品、紳士服、スポーツ、美術、呉服、食品、宝飾、リビングなど取り扱う商品によって、営業部門は細分化されており、それぞれのプロフェッショナルを育成したり、転職希望者の場合には、それぞれの分野に秀でたスキルを持った人材を募集しているような状況です。商品計画はもちろん、売り出し計画や販売促進計画の立案などは営業担当が行うというのが小田急百貨店の特徴であり、柱的な部門になります。

外商部門については、民間企業はもちろん、官公庁、公共企業などを相手にする外商部門も存在しているため、普段はお目にかかれないタイプの顧客と仕事をしていくことが出来ます。営業部門が核になっているものの、それをサポートする営業支援部門も大切なポジションだと言えるでしょう。他の百貨店と比較すると枠組みというものがちょっと違っているという特色を持っていると言えますね。

一般的なものであれば、販売やバイヤー、外商営業といった職種別に分けられていますが、小田急百貨店の場合には、それらはすべて営業部門という一つの共同体のような感じになっています。こういった枠組みになっている理由というものを探れば、自然と小田急百貨店が求める人材というものを読み解くことが出来るでしょう。ホームページ上の情報は、しっかりと頭に入れ、プラスして転職エージェントなどを利用して、より詳細な情報収集を転職活動の際にはしておくようにしましょう。

百貨店の求人探しは「この5サイト」で探せ!

リクルートエージェント
利用料金 無料
百貨店の求人 ★★★★★
対応地域 全国
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2018 百貨店求人【※人気業界で賢く転職する方法】 All Rights Reserved.