阪急百貨店の求人

百貨店求人TOP >> 百貨店別の求人情報 >> 阪急百貨店の求人

阪急百貨店の求人

阪急百貨店は、業界再編の波に乗り、阪急百貨店と2008年に阪急阪神百貨店に生まれ変わりました。現在、阪急阪神百貨店の求人状況は、総合職社員新卒採用と、総合職キャリア採用、特定社員、博多阪急スタッフ、阪急百貨店アルバイト採用、阪神百貨店アルバイト採用などをホームページ上で行なっています。転職希望者が該当する総合職キャリア採用はホームページ上では行われていませんが、人材募集をしたいときにはホームページ上にアップされることになりますから、定期的にチェックしておきましょう。

新卒向けの情報をチェックしてみると、阪急阪神百貨店の職種は、主に店頭営業部門、商品部門、販売促進部門、スタッフ部門の4つに分けることが出来ます。店頭営業部門の職種は、売り場の最前線において、訪れる顧客に対して、よりよりライフスタイルの提案をしていくという仕事になります。これを実践するためには、接客スキルは当然ですが、売り場の演出方法や品揃えの管理、集客への仕掛けといった広い知識やスキルが必要なのです。

転職を希望し、店頭営業部門で転職成功をしたいのであれば、面白い企画を生み出すことが出来るアイデアマンであったり、高い接客のスキル。更には売り場のデコレーション能力など、様々なスキルが必要だということです。商品部門は、主にバイヤーの役割を担当することになります。商品の買付が主な業務になりますが、取引先との様々なやり取りの窓口になるのは、バイヤーという仕事になりますから、百貨店にとっては非常に重要な役割を任されることになるのです。

各ショップの年間計画やシーズン別の展開を計画して、それを元にした取引きを行なっていくこと。店頭の運営方法を打ち出すこと。各種イベントや限定品を仕込むということ。商材などの確保や売上数値の交渉を行なっていくことなど、実際に商品部門が行う仕事は、非常に多岐に渡ります。ある意味で戦略家の目というものが必要になってくると言えるでしょう。

また顧客が百貨店に来店するきっかけづくり等を行なっていく販売促進部門。ネットショッピングなどの対応を任されるスタッフ部門など、阪急阪神百貨店の職種は、どの部門でも非常にやりがいを感じられるものばかりといえるでしょう。それぞれに求める人材は違っていますから、しっかりと転職エージェントなどを利用して、情報収集をしておきましょう。他にも入職率が高い特定社員というものもあり、賞与が年に2回保証されている1年契約の雇用スタイルでの転職方法も、何気にオススメ出来る転職方法になっています。

百貨店の求人探しは「この5サイト」で探せ!

リクルートエージェント
利用料金 無料
百貨店の求人 ★★★★★
対応地域 全国
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2018 百貨店求人【※人気業界で賢く転職する方法】 All Rights Reserved.