残業が少ない百貨店求人

百貨店求人TOP >> 条件別の百貨店求人 >> 残業が少ない

残業が少ない百貨店求人

デパートや百貨店の仕事ですが、基本的に残業はあってもそれほど長時間に及ぶことは少ないと思って良いでしょう。デパートや百貨店の場合、営業時間がしっかりと決められています。閉店の時間になれば、そこから店舗の整理など多少業務をする必要はあるかもしれません。しかし大量に業務が残って、長時間残業を強いられることはないです。

最近の小売店の傾向を見てみると、けっこう夜遅くまで営業しているところも多いです。スーパーなどを見てみると、夜中の0時を超えて営業しているところもあります。ドラッグストアに至っては24時間営業しているところも見られます。しかし百貨店の場合、それほど夜遅くまで営業している所は少ないです。かつての法律で、小規模店舗との共栄を図るために長時間営業しないように歯止めをかけていたことが関係しています。かつては夜6時には閉店というのがざらだったのですが、最近では若干営業時間が伸びています。しかしそれでも多くのお店で、夜の7時とか8時には店を閉めてしまいます。ですからほとんどの百貨店で、夜遅くまで仕事を強いられることはないでしょう。ただし東京などの大都市で営業している百貨店の中には、一部夜9時ごろまで営業している店舗もあります。もし残業少なめを希望して、あまり夜遅くまで仕事したくなければ、店の閉店時間はチェックしておいても良いでしょう。

百貨店の場合、普通は残業時間がそれほど長くなることは少ないです。求人情報を見てみても、月30時間以内の条件で検索にかけるとかなりの案件がヒットするはずです。月5〜10時間で検索にかけてみても、どの地方でも百貨店の募集がいくつかヒットする可能性もあるはずです。しかし時期によっては、長時間残業を一時的に増えることもありうるのでその部分は注意しましょう。たとえば、百貨店では年に何回か棚卸を行います。店にディスプレイする商品を入れ替えるのですが、これを仕事終わりに行う店舗も見られます。この場合、長時間の残業を求められる可能性があります。だいたい季節の変わり目にオフシーズンのものを外して、これからオンシーズンになるものを入れることが多いです。ただし棚卸の日にちはあらかじめ決められていることが多いですから、突発的に長時間残業を強いられて、自分のスケジュールを狂わされる心配はないでしょう。

百貨店はこのように、残業のあまり多くない募集があります。残業に関しては百貨店で働く場合、あまりナーバスになる必要はありません。

百貨店の求人探しは「この5サイト」で探せ!

リクルートエージェント
利用料金 無料
百貨店の求人 ★★★★★
対応地域 全国
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2018 百貨店求人【※人気業界で賢く転職する方法】 All Rights Reserved.