英語力が活きる百貨店求人

百貨店求人TOP >> 条件別の百貨店求人 >> 英語力が活きる

英語力が活きる百貨店求人

百貨店業界を見てみると、国内の市場規模はだんだんと縮小傾向に入ってきています。少子高齢化でそもそも購買力が下がっているのと、長らく続く不景気の影響で高価な商品をあまり購入しなくなったことが関係しています。そこで百貨店の中には、この閉塞した状況を海外に打って出ることで打破しようという動きも見られています。実際大手百貨店の中には、海外に店舗を出しているところも結構見られます。このような百貨店の場合、現地でも働けるような英語力を持ったスタッフの募集を積極的に手掛けています。

また国内百貨店の店員として勤務する場合も、英語の話せる人材は高く評価されます。というのも店舗によっては、外国人観光客が多く訪れるような地域もあります。例えば東京でいうと銀座には連日多くの外国人観光客が訪れますし、百貨店もいくつも出店しています。外国人観光客から商品の説明を求められた場合に、しっかりコミュニケーションがとれるだけの店員がいると売上向上も期待できるでしょう。また経済が成長し続けていることもあって、中国人観光客が日本の百貨店を訪れることも当たり前になりつつあります。爆買いという言葉は、一般の間でも広く定着しています。そこでこのようなお客さんに接客できるような、中国語スキルを持った人材も百貨店では歓迎される傾向もありますので頭に入れておきましょう。

また外資系のデパートが日本に店を出すことも珍しくなくなっています。外資系のデパートの場合、勤務先は日本国内でも海外の企業に入社したようなイメージで仕事をした方が良いでしょう。もちろん店で接客する場合はお客さんの大半は日本人なので、日本語を使ってコミュニケーションするのが大半でしょう。しかし例えば本部に報告を上げる場合には、英語を使ったコミュニケーションになります。このように百貨店に転職するにあたって、英語が話せるというのは大きな武器になりえます。

では具体的にどのくらいの英語スキルを持っていた方が良いでしょう?求人情報を見てみると、英検準1級とか、TOEICで650点以上と記載している案件はしばしば見られます。これは日常会話が英語を使ってできる程度のレベルだと思いましょう。しかし外資系のデパートの場合、本部とのコミュニケーションが英語になりますのでビジネス英会話のレベルの語学力が要求されます。TOEICでいうと750点以上のスコアの合った方が好ましいです。TOEICの試験を受けたことのない人は、一度受験してみてどの程度のスコアを記録できるかチェックしてみると良いでしょう。

百貨店の求人探しは「この5サイト」で探せ!

リクルートエージェント
利用料金 無料
百貨店の求人 ★★★★★
対応地域 全国
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2018 百貨店求人【※人気業界で賢く転職する方法】 All Rights Reserved.