50代の百貨店求人

百貨店求人TOP >> 条件別の百貨店求人 >> 50代

50代の百貨店求人

百貨店の中途採用の情報を見てみると、50代を対象にした案件というのはそれほど多くはありません。50代になってしまうと、定年までの先が見えてしまっています。ですからせっかく費用も時間も費やして採用しても、10年ちょっともすれば定年で退職されてしまいます。ならば若い人材を優先的に確保したいとなります。

また通常百貨店の給料を見ると、年齢が上になって実績豊富になると給料も上がっていきます。ということは50代の人材を採用する場合、それなりの待遇で迎え入れないといけません。企業にとって人件費は最も大きなコストであり、できるだけ人件費を少なくしたいという思惑もあります。そのような関係もあって、50代の人の採用には消極的な百貨店が多いです。

しかしそれでも、50代を対象にした求人が全くないわけでもないです。もし50代に差し掛かって、どうしても百貨店に転職したいと思っているのであれば、まずは自分のこれまでのキャリアでアピールできるポイントはないか確認しましょう。ここでよく50代の人が失敗してしまうのは、会社のブランド力に頼ってしまう点です。「あの有名な会社の営業部長をしていたからそこは評価されるだろう」と思っている人は意外と多いようです。しかしどこでどのような肩書で仕事をしていたかではなく、その人の能力がわかるような実績をきちんとアピールしなければいけません。ですから今までのキャリアを見つめ直して見て、どのような大きな仕事をしたか、目に見えるような実績を残すことができたかなどを確認して、どこをPRポイントにすべきか戦略を練りましょう。

50代で転職をする場合、まず給料がアップする可能性は低いと思った方が良いでしょう。今もらっている給料と良くて同レベル、給料が一時的に下がってしまう恐れも十分あると思った方が良いです。50代の方の場合、結婚していて子供もまだ学生でお金がかかるというケースもあるでしょう。その場合には、パートナーに事前に相談することは必須になります。もしかすると給料が下がるかもしれない、それでも家計のやりくりができるか、相手にパートに出てもらって減った給料の分を補てんしてもらえるか、この相談をしておくことは大事です。家族の理解と協力がないと、50代の人が百貨店に転職するのはリスクがあまりに高いです。50代での百貨店の転職は難しいという現実をまずは頭の中に入れたうえで、それでも転職すべきかどうかを検討しましょう。

百貨店の求人探しは「この5サイト」で探せ!

リクルートエージェント
利用料金 無料
百貨店の求人 ★★★★★
対応地域 全国
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2018 百貨店求人【※人気業界で賢く転職する方法】 All Rights Reserved.