30代の百貨店求人

百貨店求人TOP >> 条件別の百貨店求人 >> 30代

30代の百貨店求人

30代を対象にした百貨店の求人は、全国的にたくさんあります。ただし20代の場合経験よりもポテンシャル採用の案件も多かったので、第二新卒とか異業種転職のような百貨店業界未経験者でも採用される余地はありました。しかし30代になると、百貨店における経験のあるなしは、採用に大きく影響すると思った方が良いです。30代で百貨店に転職を検討しているようであれば、これまでのキャリアを整理して、履歴書や職務経歴書、面接試験の場でしっかりアピールしておきたいところです。

ただし30代であれば、過去に百貨店ではなく店舗で接客の経験のある人なら応募できるケースもあります。百貨店ではないけれども、アパレルやジュエリー、雑貨のショップなどで勤務経験があれば、転職活動をする時にそのキャリアをアピールしておけばプラスに評価されます。ただしいわゆるギャル系のショップ店員のようなキャリアであれば、あまり高く評価されないかもしれません。百貨店はミドル以上の年輩のお客さんが中心なので、ギャル系のショップとは客層がかなり違ってきます。このため、接客のやり方もだいぶ変わってきます。また百貨店には営業などの職種の募集も見受けられます。営業の募集の場合、異業種の営業のキャリアも評価されることが多いです。よって、異業種でもしっかりそのキャリアはアピールしておいて損はないでしょう。

30代の後半にもなってくると、係長とかグループリーダーのような管理職経験を持っている人も増えてくるはずです。もしこのような人の上に立って仕事をした経験を持っているのであれば、この部分もしっかりとアピールしておいた方が良いでしょう。百貨店によっては即戦力になる人材だけでなく、リーダーシップを発揮できるような幹部候補生の人材を求めているケースも少なくありません。係長や課長のような肩書きがなくても、何かプロジェクトのリーダーを任されたなどの経験があれば、職務経歴書などに盛り込んでおきましょう。このリーダーシップを転職活動でアピールするのであれば、どのくらいの規模の人間を率いていたのか、自分が担当した職務の実績はどうであったかなどを説明しましょう。実績に関しては、「売り上げが前年度と比較して○%アップした」のような数値も織り交ぜながら説明をすると、説得力が付きます。

30代になれば、それまでのキャリアが重視されます。一度自分のキャリアを見直してみて、アピール材料になりそうなものをピックアップしてみましょう。

百貨店の求人探しは「この5サイト」で探せ!

リクルートエージェント
利用料金 無料
百貨店の求人 ★★★★★
対応地域 全国
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2018 百貨店求人【※人気業界で賢く転職する方法】 All Rights Reserved.