百貨店の履歴書・自己PR

百貨店求人TOP >> 百貨店転職の基礎 >> 百貨店の履歴書・自己PR

百貨店の履歴書・自己PR

百貨店業界へと転職をするためには、履歴書などの書類関係の充実度や、自己PRといったものが重要になってきます。これを充実させるためには、百貨店業界というものがどういったものであるのかということをしっかりと把握しておく必要があります。例えば、現在存在している百貨店の名前を列挙することが出来ますかということです。例えば、松坂屋は大丸と統合し、Jフロントリテイリングという名前に変わっています。

その他にも、三越は三越伊勢丹ホールディングスとなっていますし、阪急や阪神はエイチ・ツー・オーリテイリングと名前を変えているのです。それぞれ独立して営業をしていた百貨店がどのような状況になってこのような統合を行ったのかという歴史なども把握しておくことで、自己PRの参考になるといえるでしょう。更に現在百貨店業界全体が立たされている状況なども把握していれば、業界に貢献することが出来るような自己PRを探し出すことが可能になりますね。

統合がここまで盛んになった背景は、やはり業界の成長率が落ち目担ったからといえるでしょう。インターネット通販を始めとして、良質で安い商品を自宅から出ることなく購入出来る時代になりました。わざわざ百貨店へ行き、商品を購入するといったメリットを若い年代を中心に見いだせなくなっている時代なのです。だからこそ、百貨店のような実店舗を有している業界では、わざわざ自宅を出てそこまで足を運んでもらうための努力が必要になっているのです。

こういった業界全体が頭を悩ませている課題に対して、どういったアイデアを持ってそれを解消することが出来るのかといった点は、非常に大きなポイントになります。面白いアイデアや発想というものがあれば、百貨店業界での経験がなかったとしても、積極的に採用してもらうことが出来るでしょう。それこそが自己PRというものなのです。履歴書などの書類にそれを表現し、面白い人材だと思わせることがコツなのです。

以前までは接客を長く行ってきたベテランの販売員などが働く場所というイメージがありましたが、時代の変化によるニーズの変化によって、百貨店業界も若返りを計っており、現在の百貨店業界の平均年齢は40歳ほどとなっています。自己PRをする上でも、前述までに述べたような情報をしっかりと収集し、それを吟味して自分の強みというものを十分にアピールしていきましょう。履歴書の作成に定評のあるマイナビエージェントなどでアドバイスを受けることもオススメの方法ですね。

百貨店の求人探しは「この5サイト」で探せ!

リクルートエージェント
利用料金 無料
百貨店の求人 ★★★★★
対応地域 全国
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2018 百貨店求人【※人気業界で賢く転職する方法】 All Rights Reserved.