百貨店に多い転職理由

百貨店求人TOP >> 百貨店転職の基礎 >> 百貨店に多い転職理由

百貨店に多い転職理由

百貨店業界はとても厳しく、入社して3年以内に仕事を辞めてしまう人が10%前後いるというデータがあります。福利厚生がしっかりしていたり、入社後もスキルアップするための研修が充実していたりと、良い面も沢山ありますが、辞めてしまう人が沢山いるのも事実です。百貨店を辞めたり、百貨店業界から転職してしまう人の理由とはなんでしょうか。

百貨店業界は、メリットもあるがデメリットも多い職場です。業種にもよりますがやはり忙しく大変な職場が多いです。休みが不定期なのと、世間の大型連休等は繁忙期で休みが取れず、家族や友人と休みが合わないということも多いです。もちろん普段の休みも平日の方が休みやすいので、土日はなかなか休めない人もいます。また、繁忙期は休みが取れないだけでなく激務になります。普段から販売員であれば一日中立ちっぱなしということもあり、体力がない場合は中々続く仕事ではありません。

更に、職場のほとんどが女性ということが多い百貨店の店舗では、仕事が激務であることの次に人間関係が大変と言われています。また、収入をあげるのも正社員として働き続けて出世出来た場合になります。勤続年数に比べて満足のいく年収が得られない場合も転職を検討する人が多いです。これらが転職を決定する理由で多いものです。特に人間関係は、中々耐えられるものではなく、個人の力ではどうしようもないことが多いので、無理をせずに転職を考えた方が良いでしょう。

離職率が高くなってしまう原因は、現在の仕事への不満はもちろんですが、百貨店での経験や経歴は転職に活かせることが多く、良い転職先を見つけることができるため、転職を選ぶ人が多いのです。百貨店ではかなり高水準のマナーや接客技術を身につける為、どんな仕事に転職しても活かせる技術や経験が沢山あります。一般的に、3年以上の勤続年数が好ましいとされています。それ以下で仕事を辞めていると、忍耐力がないと思われてしまいがちです。ただ、転職先の職種によってはできるだけ若い人材を求めている場合もあるので、一概に3年働いてきたから転職で有利になるということではありません。また、精神的に辛い理由があるのにもかかわらず無理をして病気になってしまうと、もっと長期間苦しい思いをすることになってしまいます。あくまで無理のない範囲で転職時期を選んだ方が良いです。あくまで一般的に3年以上勤続していると経歴として有利に捉えられやすいということです。

百貨店の求人探しは「この5サイト」で探せ!

リクルートエージェント
利用料金 無料
百貨店の求人 ★★★★★
対応地域 全国
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2018 百貨店求人【※人気業界で賢く転職する方法】 All Rights Reserved.