百貨店の面接対策

百貨店求人TOP >> 百貨店転職の基礎 >> 百貨店の面接対策

百貨店の面接対策

百貨店業界で働きたいと思い、転職活動をしていく上で大事なのは、面接対策です。特に販売職種や営業職種につきたいと思っている方であれば、面接の出来不出来によって、採用は左右されることになるでしょう。面接対策といっても、本当に沢山の方法があり、それは職種によっても、希望している転職企業によっても違ってくるのは当然のことなのです。万能に使うことが出来る面接対策などは存在しないといってもいいでしょう。また一次面接と役員面接では、ポイントの違いも存在しているのです。

面接対策を講じる方法としては、まずどういった職種に就きたいと思っているのかを漠然でもいいので決めておきましょう。これは志望動機や転職理由といったものにもつながっていきますから非常に重要なことです。それぞれの百貨店にどのような職種が存在し、どういった業務を担っているのかをしっかりと事前にリサーチすることが重要です。ざっと百貨店業界特有の職種を挙げると、販売、物流、販売支援、営業といった職種が存在します。

もちろん他の業界でも共通する経営企画や総務や人事、経理といった職種も存在しますが、百貨店業界で働きたいという方のほとんどは、前者のような特有の職種につきたいからこそ、百貨店業界を選ぶことが多いものでしょう。販売はそのまま直接顧客に接客をし、商品を販売する仕事です。地位が高くなれば、売り場を任されたり、フロア全体の販売を見たり、指導を任されたり、特定ジャンルの全ての販売を任されたりといったことになります。

つまり販売職で百貨店に転職したい場合には、やはり接客というものに対しての情熱や思い。顧客というものに対しての自分なりの考え。一般販売職と百貨店との販売職の違いといったものを中心に面接対策を立てると良いでしょう。更にバイヤーは売れる商品を仕入れる仕事です。売れるというところがポイントですから、百貨店がメインにしている客層に対してのアンテナが敏感である必要があります。

こういった職種別にどういった能力が求められているのかの情報を掴み、それを面接時に自分ならば出来るといった風にアピールをしていくことが大事なのです。好きなことは当たり前です。どのくらいに好きであるのか、また希望する百貨店に対して、あなたは一体何をもたらすことが出来るのかを中心に考え、面接対策を講じましょう。面接対策に定評のあるリクルートエージェントやDODAなどの転職エージェントのサポートの手を借りるのも一つの選択です。

百貨店の求人探しは「この5サイト」で探せ!

リクルートエージェント
利用料金 無料
百貨店の求人 ★★★★★
対応地域 全国
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2018 百貨店求人【※人気業界で賢く転職する方法】 All Rights Reserved.